ジル病院へ行く

      診察を待つ間、私の足元でおとなしくしています。
e0106372_8521624.jpg

 先月21日からノミアレルギーで病院にかかってます。
 良くなったかと思ったらまた刺されて、ノミ除けの薬も効かない大阪の野良猫ノミ!!
 でも、身体に付いてるのは見つけられない。

 右の一番の下のおっぱいのところにしこりがあり、『これもノミのせいですよね』と聞いてみたら
『乳腺腫瘍です』と。
 良性か悪性か50%、切除してみないと調べられない、等詳しく説明されたが、
 『手術した方がいいです』 の言葉はショックで、オロオロ
 術前のレントゲン(肺には転移してない)と血液検査は受けたが、踏み切れないで帰ってきた。

 仙台の息子に電話してみた、悩む。
 そして、仙台でかかっていた病院の先生に電話してみた。
 second opinion を求めた。
 『しばらく様子をみてみよう。しこりが大きくなったりしたらりしたら手術。ジルちゃんは卵巣もとってるしそんな重大なことにはならないと思う。僕はすぐには手術はすすめない。』と言われた。

 しばらく様子見ることにしました。

 帰宅した次男にすぐに報告。
 『希望的観測ばかりじゃダメだ』
 確かに希望的かもかもしれない。

 このまま大きくならないで何事もなくすんでしまうこともある。
 今、下六つのおっぱいをとってしまうことは、できない。
 ジルばかり痛い思いや辛い思いする。
 私の不注意での怪我もあった、もう痛い思いさせたくない。
 今、決断しないことが命取りになってしまうこともあり得るが、いずれはいくところへいくのだから。

 私自身は絶対に手術はしない、苦痛は取り除いてもらう、と決めているし文書にもしているのに、
ジルたちもそうすると決めていたのに、揺れた。

シコリの大きさ 5ミリ
 
 
 
[PR]
by sato_t | 2011-11-11 09:34 | Jill & Berry | Comments(8)
Commented by あめり at 2011-11-11 10:32 x
jillちゃん!心配だね・・・なんとコメントしようか?
びっくりと心配で、コメント欄に向かったけど、、、
ごめん、後で、メールします!
Commented by sato at 2011-11-11 11:16 x
◇あめりさん
ご心配かけます。
早期発見、早期治療がいいんでしょうが、しばらく様子みます。
自分ことは決めてるのに、かなり動揺しました。
Commented by etsu at 2011-11-11 17:15 x
ジルちゃん心配ですね、satoさん心中お察しします。
ぜんぜん症状が違うかもしれませんが、何か参考になればと思ってかきます・・・
マイロはお盆過ぎ頃、実家の13歳ワンコから野生動物のノミを貰って
皮膚の下にもボコボコかたまりができました。3週間薬を飲んで落ち着きましたが、時々ポコっと出ます。その診察のときに脇の下にイボの様なのもあって先生に聞いたら、これは何でもないといわれました。
実家のワンコは毛が殆ど抜け、歩けなくなるまで悪化しましたが、薬を続けて今は四足元気に歩いて、毛も生えそろいました。
こちらは田舎なので、それぞれの先生も野生動物からのもらいものに的確でした。
ジルちゃん、大事にならないこと祈ります。

Commented by sato at 2011-11-12 09:20 x
◇etsuさん
ご心配ありがとうございます。
乳腺腫瘍の方は方針を決めましたので、もうぐらつきません。

ノミは手ごわいです。
野生のヤツは強いでしょうね。野良猫のノミもかなりです(涙)
フロントラインを付けてても噛まれました。
シコリもひっとしたらノミによるできものかも……マイロくんと同じかもね。
体験談ありがとうございます、参考になりました。
Commented by ルーク母 at 2011-11-12 18:42 x
読んでいて胸が痛くなりました。揺れるお気持ち、よく解ります。
うちの場合は見ていられないくらい痛がって苦しんでいたので悩む余地もなかったのですが、今のジルちゃんの状態だと確かに悩むところですよね。。。
少し調べてみましたが、大きさが3センチを超えると再発率も高くなるようなので、突然大きくなったりしていないか日々観察しておくのが重要みたいです。
知り合いのワンちゃん(フォックステリア・8歳♀)がやはりごく初期の乳腺腫瘍でルークと同時期の頃に手術を受けました。術後も良好で再発も無く元気にしています。
私もsatoさんと同じように「手術」と「化学療法」には懐疑的な立場でした。今でも化学療法は受けなくて正解だったと思っていますが手術に関してはちょっと考えが変わりました。外科処置で腫瘍を取り除く(またはある程度小さくする)ことで、その後化学療法なしでも自己免疫力で良い状態を保てることを実感しているからです。それでも技術的にも本当に信頼できる先生じゃないと手術は考えられなかったと思うので、少しでも迷いがあるのなら様子をみるという選択もありかと。
・・・長文すみません。ジルちゃんの状態が悪化しないことを祈っています。
Commented by sato at 2011-11-14 13:52 x
◇ルーク母さん
ご心配、情報、ありがとうございます。
ルークくんは元気に過ごしているようでよかったですね。
奇蹟ですよね。
ジルはしばらく様子を見てみます。
犬の場合、苦痛だけを取り除くという治療はできないのでしょうかね。
緩和医療という選択肢はないのでしょうかね。
手術がその最良の方法なんでしょうね。
Commented by air1222 at 2011-12-10 21:48
satoさん、お辛いですね(泣)
satoさんが出された治療方針ならジルちゃんも「いいよ」って言ってくれるような気がします。頑張って下さいね!
ジルちゃん、病院でお利口さんで偉いね。
Commented by sato at 2011-12-11 09:53 x
◇えあーさん
お互い、辛いですよね。
ジルに苦痛を与えたくない……ただそれだけが願いです。
すっかり落ち着いたジル、2月には9歳です。
早いものですわ。


旅とジャックラッセルテリアと私


by sato_t

プロフィールを見る

profile

Jill (2003.2.5生 ♀JRT)
 白内障、白髪も多くなった
 散歩も短くなった
 食う寝るが仕事?(笑)

Berry (2007.6.5生 ♀JRT)
 2016.1.12
 リンパ節転移がんで逝く
 享年10歳
 (8歳7か月の犬生)

sato (飼い主)
 ビール・ウニ・温泉 
   大好き♪
 生まれも育ちも大阪の
 仙台人(笑)

satoへのご連絡は
jill.and.berry@gmail.com

最新のコメント

◇あめりさん 返信遅く..
by sato_t at 17:15
◇モモタンさん 昨日は..
by sato_t at 13:33
こんにちは 髪のカット..
by cookie13taka at 18:03
ジルさん・・そそうの無い..
by モモタン at 15:06
◇モモタンさん 緊張と..
by sato_t at 08:48
ジルさん・・3枚目の画像..
by モモタン at 08:24

カテゴリ

全体
Jill & Berry
日々
趣味
ワン友
ワンコグッズ
京都

買物・頂き物
DogWear
berry 病気
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

タグ

検索

ブログジャンル

犬
食べ歩き